強く、優しく、しなやかに。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ふたりの寝顔
2012071906480002.jpg
ふたりの寝顔を見比べながら、本当にそっくりだと思うわけで。

きっと主人の寝顔を可愛いとか思うのも私だけだろうけど、夜のこの時間、家事を終えてふたりが先に寝ているのを見ると可愛いと思い、いとおしくも感じたりすることもある。

今回ふたりめの子供を授かったとわかってから、約半年。
そして思い返すとこの一年で、真央が大きく成長をしていき幸せという中にも、家族とか、夫婦とか私の中で色んな現実の違いやすれ違い、葛藤があったのも事実。

でも何でかな、この子がお腹の中に来たのが分かった時くらいから、夫婦や家族がしっくりくるようになった。
うまく言葉では表せないけど、夫婦になって、家族になって、今やっと心から信じ合えたり支え合うっていう大切さを本当に感じるときがある。
それはきっと私だけではないと思うのだけど。

疑うことは簡単。それより信じることの方が固くて強い気持ちが必要だともわかった。逃げてたのは私だったのかもしれない。今そう思うときもある。

私が笑うと真央も「きゃきゃっ」と言いながら顔をくしゃくしゃにして笑う。
ひろくんも静かにだけど微笑んでる。
私が元気じゃなきゃダメなんだな。

信じるものは何か。
大事なものは何か。
色んなことを問う一年で、簡単にはその気持ちをここには書けないのだけど、今は私も家族も強くなったと思える。
そして家族になれて、これからまた新たな家族を迎ようとできて、ありがとうと心から思えるようになれた。

真央の妹が産まれるまであと2ヶ月と少し。
家族4人、どんな生活が待ってるだろう。
真央は私の大きくなったおなかに「ベィビ、ベィビ」と言いながらぺちぺち叩いたり、なでなでしたりするようになった。たまに「ちゅ」と言っておへそ目掛けてキスもする。
数日前に一歳半になったばかり。でも少しずつお姉さんになってるのかな。

思いもよらず高位破水から切迫早産になり、この23週の時期に産まれたら色んなことが危ないと、入院したり自宅安静になったりした一ヶ月。改めて命を授かり育てることが尊いことだと学んだ。
たぶん2ヶ月後、また小さな新たな命を迎えたときは、私も本当に嬉しくて、家族も本当に嬉しくて、笑顔のはじめましてになるだろう。
今はそっとその時を迎えられるように、大事に大事に育てていこう。
- comments(1) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








二人目なんや!おめでとう☆

元気な赤ちゃん生んでね(*^^*)
from. ほほん。 | 2012/07/21 10:29 |
<< NEW | TOP | OLD>>