強く、優しく、しなやかに。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
春雨の日
今日は1日小さく静かな春雨が降ったり止んだりしました。
この2日は家にいて、好きなときに起き、好きなときにご飯を食べて、好きなときに親戚のおばさんとお話をして、そんな時間を過ごしています。

今日はまた少し肌寒いけれど、ここ1週間を考えると気温がぐっと上がった気がしました。
本格的な春がもうじき訪れます。
春は私の中で一番好きな季節です。
生まれた季節が春満開のころだからかもしれないけれど、そのあたたかな空気の中にいる時間が毎年どれも幸せだと感じます。
生命の息吹が肌で感じられ、それで私も自然から生きる強さを感じ取る時期でもあります。

春の訪れと春雨について少し知っていることは、「桜の咲く条件のひとつに、直前に雨が降ること」とあって、この今日の雨がまたもうひとつ春への扉を開くのでしょう。
日本の花、桜。ほんとそのままに桜がだいすきで、このなんとも言えない季節感がみんなの心を引くのかな。この雨の後、桜がばっと咲き始めるでしょう。

妹がもしかしたら4月頭に東京へくるかもっていうお話。
高校入試が合格したから、私がいる間にこっちへきてディズニーランドへ行きたいみたい。
まだ決定ではないけれどそれが嬉しくて、そうなればいいなと願う姉。
やっぱり私の中心に家族は外せない存在なんだと改めて感じます。

20070325_273598.jpg

愛犬チェリー、今年11歳。
冬から春へのこの時期に、チェリーも春に向けての準備をします。
冬の毛から春の毛へ。



寂しくなるとき、心をどこへもっていくかを模索中。
だけど自分の力で自分の中にしっくりと収まるときってまだちょっと遠い気がする。
今はちょっと誰かにそばにいてほしいです。
そんな時期なのかな。



ordinariness comments(0) -
生きる、感謝
今日はとても私的な内容になるけどごめんね。

久しぶりにこうやってパソコンからブログを更新。
この3月はあまり書かずに、書いても携帯からぽんっと打ってる。
みんなのブログに目を通すことも最近は少なくて、そして気持ちを言葉にしてもそれを文字に書くまでにそこまでの気力がなかった。

昨日実は渋谷で夜食事をするはずだったけど、東京まで出て埼玉に帰ってしまう。
私がみんなに声かけたのに申し訳ない。

ここずっと悩まされているのが過敏性腸炎という症状。
腸が通常のように機能しなくなってしまい、便秘、下痢、吐き気、発熱、そんな症状を繰り返す。
台湾の生活の終わりのほうから実はあったんだけど、水が合わなかったり冬が来たからだと思ってた。
だけどやっぱり帰国後も治らなくて、むしろもっとひどくなっちゃって、病院の検査でここ数ヶ月の長い間かかって慢性的なものになってるというお話。食事にも多少制限が出る。今もキリキリ、チクチクした痛みが続く。

でもこれに向き合っていくことが今私にとても大切なこと。
なぜならこの症状、精神的なものからくることがとても強いから。
正直結構精神的に不安定になることもよくあったりする。
誰にだって心落ち着かないときや波は必ずある、けどこの症状が自分の心から来るものだと知って、その不安から逃げてばかりじゃだめなんだって、そして気にせずもっと楽に考えたりすることも必要、そんなバランスを自分の中でつくっていきたいと思った。

繊細さが私の強みだったり、弱みだったり。
そう、どちらも悪いことではないけれど、これを機会に自分のこと前よりもっと向き合うようになった。
だから今はまだ言葉少ないけど、これも自分を磨くためのひとつの階段だと思ってしっかり歩いていこうと思う。

最近前にも増して涙もろいのも、体調が弱っているからではなく、もう一つ階段を自分の力で上がる大切な時期だと思って前に進みたい。
どう受け取るにも自分次第。
今は痛くても、そう前向きに考えることで最後は何もなかった自分が笑顔でいることをイメージできる。
乗り越えられるから今があると思って、そうやって笑顔を忘れずにいこう。

おじいちゃんもよく言ううもの。
「朝日のように笑え」って。
朝一番の光をあびて目を覚まし気持ちよくなれるように、そんなぱっと明るい笑顔で笑えって。

そして最近もう一つずっと曖昧だったこと、自分の中でも答えを出せないままでいたことがやっとわかった気がする。
どうして私が今の夢を目標にしているのか。
時間がかかったけどやっと真っ直ぐな一本の芯が見えた。
母がいて、家族があって、その時々に何らかの大切な出会いがあって、自分がいて、全てに人がいたんだと思う。
自分自身への挑戦でもあり、愛する家族やめぐり合った人々、そしてこれから出会う多くの人の顔が浮かぶから。

今日目を瞑るとき、また今日の日がみんなの変わらぬ健康があってよかったことと、明日の命を感謝し、朝日を浴びた瞬間からまた目を閉じるその時まで、今日がいい1日だったと思えるように生きていこう。




ordinariness comments(5) -
おわかれえんそく☆
20070320_271472.jpg
黄色い帽子と青い園服

空も青くていいお天気

駅のホームはリュックかるった元気な声いっぱいで

みんなのわんぱくさと無邪気なかわいさに

いっぱいいっぱい私もパワーをもらったよ

4月からは一年生☆

今日はいっぱいたのしんでおいで

smile100%の今日の朝◎
ordinariness comments(0) -
愛しいものたち
朝、眠たい眼をこすって、妹を実習先の保育園へ送るのが今の私の日課。

その太陽が昇り始める時間、坂の上から見下ろす町は、白い霧と黄金色に輝くその日一番の光に包まれて、神聖なほどに朝の訪れを告げます。

海と町が一つになってそのときを迎える瞬間を、一つの絵のように私は眺め心に刻んで。

みんなに見せてあげたいな。自然の作り出すこの最高の時。

心を動かすものっていろんなところに見つけられる。

それを探すのがとても楽しく、嬉しい。



妹も帰り、久しぶりに5人と1匹がそろった私の家では、

これも久しぶりと言っていいほど活気が戻ったような気がします。

一人でも欠けると、その家は違う顔をするから、

「家族」という言葉の深さを改めて感じました。

朝の母がみんなを呼び起こす声も、洗面所のドタバタも、夕食で子供のようにみんなをからかって喜ぶ父も、そして一日の最後はコタツで誰かが必ず寝てる姿。

そのどれもが今は愛しく、大切にしたいです。



一昨日、初日公開から見た映画"DREAM GIRLS"

楽しみにしていて、そして期待通り胸が高鳴りました。

歌声の持つ力、その強さには本当に心が震えるよね。

私もそれ程のものを持てるようになりたいな、なんて。

ビヨンセもとても綺麗で綺麗で綺麗で…、

心奪われ、彼女からも女を磨こうという気持ちを起こさせられて。

もちろんメイクや衣装さん、いろんな人の力もあるんだけどとても勉強になります。

目指せビヨンセなんて言えませんが、目標とその努力は私も彼女たちのように捨てずに持っていきたいです。



昨日からアジアの各地では旧暦のお正月。

爆竹、燈篭、紅包、料理に祭…、きっと年に一番の人の活気がある頃でしょう。

台湾の友達もどうしてるかなって思いながら過ごすこの日。

この日私は昔からの親しい先生にお会いし、ゆっくりお話しをしました。

そして最後に聞いた言葉は「自分を人にさらけ出す」ということ。

言い換えれば「甘え上手」そんな言葉が合うのかもしれないこの言葉、

強さだけではなく、それと共にある弱さや未熟さかっこ悪さ、そんなものを全て許せる力も人には時に大切だということも。

そうやって自分と相手を許すことで、そこから見えてくること、広がっていくもの。

考えたら、おそらく強さを見せる以上に私たちにとって難しいことなのかもしれない。

だけどこうやって人がつながる時、もっともっと深く人間ができんじゃないかな。



最後に、この夜数年ぶりに聞いた懐かしい人からの声は、

大分弁はなくなっていたけれどそのままで、

声から伝わる何も変わらない様子に、ははって嬉しさと一緒に笑っていたり。



お布団を干した後の太陽のにおいや、

雨の降った後のあの土臭い自然のにおいのように、

今年は「雪が降る」と凛とした空気にその新たなにおいを見つけ、

「冬のにおいがするね」と息と胸を弾ませ走って向かった先で言われて笑う冬。

帰り道に、父が玄関先で吸うたばこのにおいを遠くからわかるようになり、

昔は大嫌いだったのに、今はいつの間にかそのにおいも気づけば父と思うようになっていた。

こうやって少しずつの変化と発見とを繰り返して、またもう一つ季節が変わる。



色とりどりの紅や白を並べる梅と、

日に日に大きくなっていくさくらのつぼみが、

春の訪れを告げ始めた。

生命がいきいきと動き始める私の大好きな季節まであと少し。




ordinariness comments(0) -
眠れない夜は嫌い。
本当に嫌い。
ただ眠れないだけならいい。
だけどそれにもう一つ言葉が加わったら怖いに。
「亂」

昨日の夜はダメだった。
久しぶりだった。
怖かったよ。

大人が子供に帰るとき。
やっぱり夜は安心してゆっくり眠るのがいいな。

おいしいものでも食べに行こう。
ゆみかからごはんの誘いがあったらよろしくね。


ordinariness comments(2) -
おめでとう
また新しい週が始まった。
今日の天気も気持ちがいい。
小中学校の運動会を思い出させるような、秋の気持ちのいい天気だ。
朝の授業が終わり部屋に戻ると、窓越しのカーテンから光がこぼれ、鳥のさえずりが聞こえた。
一杯のお茶を入れる。それをゆっくり飲む。いい朝だと思った。



週末はお母さんの誕生日だった。
その日「おめでとう」と連絡をした時は、お父さんと末っ子の妹とわさだへ食事と映画を見に行っているところだった。ドライブしてるみたいで私も楽しい◎

そして私はずっと机に向かった。
時間を見つけては人に会い、話して笑って、一緒にごはんを食べ、そしてまた机に。
そんな週末。

この2週間、人生の中でもきちんと「勉強した」って言えるように勉強したいと思うこのごろ。
ほんと改めて負けず嫌いだなって思う。
特に自分になんだろうけど。
悔しいと本気で思った。勉強すればするほど感じ取れる。
今までは悔しいとまでは思わなかった。
きっとそこまで向き合ってなかったんだろうな。
やればやるだけ、向き合えば向き合うだけ、もっともっと長い道があることを知る。
今それに改めて気づいて、そしてまた静かに心の中メラメラして。
負けたくない、そして力いっぱい走り抜きたい。そのふたつの言葉。



嬉しいこともあった。
本当に幸せを頂くことができた。
今は使わなくなった昔のメールボックス。
開いたら、一人の姉のように慕っていた中学校の先生に子供ができたとのメールとその子の写真があった。最後に一緒に食事をして2年。その間にまた大好きな人に大きな幸せが訪れた。

笑顔が止まらない。
新しい生命が生まれ、そしてまた近く、私の周りには春に2つの生命が祝福をうける。

どの命もみんなが待ち望んでいたことを私は知ってる。
最近毎日必ず子供の虐待や自殺が多く報道される中、一方では十数年間望んでも子供が出来ずに、これらの現状にとても心を痛める人の姿も身近に見ていた。
それだけに本当にこの3つの命の存在は私にとっても大きな喜びだった。
私がこれだけ嬉しかったら、本当のママやパパや、家族のみんなはどれだけ嬉しいんだろう。

先生のメールから、
本当に人の命は尊く、強く、美しいと改めて学ぶことができた。
先生、おめでとう。
そしてありがとう。

親戚のお姉ちゃん、あともう少し。頑張ってね。



午後からの授業は休講。
おなかの具合もだいぶよくなった。
気持ちがいいから外を歩こう♪
新しい発見があるといいな◎



ordinariness comments(2) -
今は褒めさせて。笑
最近やっと朝起きることが苦じゃなくなりました。

生活をもう少しいいものにしてみようと思って、体にそして心にもいいと思って「早く寝るルール」を決めて10日くらい。
宿題とかしてたらやっぱり遅くなるときはあるけど、生活を正したらそれでも前より2時間くらいは早く寝れるようになったし、そうしたら朝きちんと過ごせるようになった。
それが自分の中のリズムになってきたのが最近ちょっとわかって嬉しい◎

基本なんだろうけど、その基本が私にはできないものだから。
朝起きが悪く、2度寝、3度寝、ぐずぐずするのです、私。はい。
でもね、ちょっとずつできるようになりました。
ちょっとずつね、ちょっとずつ…。



あと最近気づいたこと。
夢で中国語が出てきてること。

夢で聞いたりしゃべってる言葉が中国語になりつつある。
やっとと言っていいのか、どうなのか。笑

この数ヶ月、自分の中国語に進歩がないように思われてて、でもこうやって違うところから自分の中に中国語が生まれているのを感じれたことは嬉しかったりする◎
英語をしんけん勉強したときもそうだったな。
まぁ自分の中でちょっと嬉しいことだったから、こうやって書くことで自分を褒めてあげてあげましょう☆



あとね、最近ちょっと新しくやってみたこともある。

もともと寝る前は音のない静かな夜が好きな私だけど、
毎晩のヨガで、曲を聴きながらヨガをすることにしてみた。
この時だけは絶対英語or中国語の教科書の内容なんて聴かないぞって決めて、その時の心のまま聴きたいものを聴くことにしてね◎
そしたら「聴」という五感の一つがヨガにプラスされて、またもう一つ新しい感覚で気持ちのいいヨガを見つけて☆

最近風邪を引き込んでしまって喉やら鼻水とか最悪だったんだけど、それ以外の体は気持ちがいいです。
体重は変わりなくても、顔や体の引き締まってほしいとこがちょっとずつ締まってくるのがわかるって…。ふふ☆
これを維持して頑張りまぁーす♪



ordinariness comments(0) trackbacks(7)
為了當美女
為了當美女。
そう綺麗な女性になるために、もう一度努力を惜しまないって決めた。

体ももちろんそう。
そして内面から磨くこともそう。
そしてその二つはどちらも関係してるから。



まず決めたこと。
「早く寝るルール」
ほんと毎晩夜遅く寝るわるーい習慣がついてる。
宿題、考え事、ヨガ、そうしたら毎晩3時くらい。
私の授業は毎朝8時からだから、そんなんで頭が回る分けない!!
結局授業の合間に昼寝っていうことになるし。

だから決めたッ☆
健康のためもある。生活の充実のためにも。
だっていくら綺麗な人でも、毎日疲れた顔してそんな雰囲気を出していたらそれだけでも綺麗さはかけてしまうもの。
夜は寝る。そして昼にきっちり集中してやりたいことします。

1日24時間じゃ足りないって思うけど、そんなこと言っても変わらないものは変わらないから。
自分で作っていくのよ、ペースは。
朝はすごく弱い私だけど、まずはなるべく早く寝てきちんと気持ちいい朝を迎えることから始めます。
これ絶対基本ーー!!



今日はヨガ、ヨガ♪
週一度の本当に楽しみな時間。
自分のための、体と心から本当に楽しめる時間。
こっちへきてヨガを始めて本当に良かったって思ってる。
特に今日は気持ちよかった。
そしてね、この前自分用のヨガマットを買ったの!!
今日始めて使ったらこれがまた使い心地が良くて幸せもプラスされる◎

毎晩のヨガも欠かしていなしよ。
それに加えて最後は骨盤矯正体操も取り入れてる。
今5ヶ月目かな。
この1ヶ月体重は落ちなくなったけど、でも信じて頑張ってる。
まぁ本当に気持ちいいから続けられるんだけどね。
結果マイナス8.5團ープ。
絶対いつかはマイナス10圓れるように頑張るよv
これ今のちょっと目標◎



最後に、今日のお昼はアメリカの友達Ronnyとの食事だった。
私の鈍りに鈍った英語を一生懸命聞いてくれて、直してくれながら、いつもいろんな話題で話をしてる友達。
その中で今日言われたこと。
「自分の美しさを信じなさい」と。

本当に綺麗か綺麗でないかは別として、「綺麗だ」と言われたらそれは女性としてとても嬉しい。それは外見だけではなく内面も含めて。
でも日本人の返し方でもあると思うし、私もそんなに自信はない。
「そんなことない」と必ず否定するのが毎回だ。

まだまだ足りないこと、そして自分を磨くことに終わりは決してないと思う。
でも彼はそう言ってくれた。
毎日の努力がこの言葉につづいているものならばとても嬉しいし、そして何よりまだまだと思っていたとしてもそれを「ありがとう」と笑顔で返せる自分でいようと思ったこと。
それを一つの自分へのご褒美としていけたら、またもっと綺麗な女性になるために頑張れるかもしれない。

ほんとわかるんだ。
自分の健康や美容、そして何か目標持って頑張ったり、たくさんの人とお話したり、体も心も「気持ちいい」って言ってるときは自分でもそれが感じ取れるようになった。
もちろんすぐ自分の体の異常とかもわかるようになったけどね。その時は今みたいに断ち切るように前より少しは考えられるようにもなったかな。


さてこれから宿題をやりあげて、シャワーを浴びておやすみするかな。
今日の夜のヨガはお休み!!十分やったからー◎
骨盤体操して、うん、また明日☆



ordinariness comments(4) trackbacks(2)
その強さについていく
お手紙が届いた。
今日はなぜかポストに何か来てる、そうわかった。

これからの半年を大切なものにしたいと。
2、4、6の周期でまた一つずつ節目があると。

正直言うと、実は私少し怖い。
それはまだ先が見えないからだろう。

最近結構やきもち。
こんなんで大丈夫なんかなっち、本気でそう思うこともあるよ。

確信という文字。
それを築くための信頼と時間。

今はそう信じていくことだろう。
手紙の言葉がそれに値するほど強かった。

拾っていくものはあっても
捨てるものは何一つない。

未来を予測した人がいるならば
そう予測させた人もいたはずだから。

妹に電話。
最近前よりずっと近くに、優しくなれた、そう思えるよ。


ordinariness comments(0) trackbacks(0)
それはなによりの幸せ
最近夢を見ないなって思ってた。

寝てきづいたら、もう目覚ましがなってる。

それは私にとってとても数少なく、貴重なこと。



でも逆に夢を見なくなると見ない自分に気持ちが悪くなる。

たわいもないことでも、すぐ忘れてもいいから、それでも見たいと。

ほんとはとても寂しがりやだから、

もう一人の私が、

静かな夜に、どこかで誰かをいつも探しているのかもしれない。



今日授業と授業の合間にうとうとと昼寝をした。

久しぶりの夢。

相変わらずの日々と

変わらない空気のあの人だった。



変化する日々に、

そのたびまた少しずつ動いてく心。

だけどその中にどこか一つ変わらない場所と、

そこに生きる愛する人たちの笑顔があれば、

それはなによりの幸せ。


ordinariness comments(2) trackbacks(0)
| 1/1 |