強く、優しく、しなやかに。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
i love you
台湾生活、最後の夜。
今日は午前に授業、お昼を外交系の友達と一緒食べて、最後の荷造り。
その後は台湾のお兄ちゃん、小飛とディナーをして、ヨガと以前のホームステイの家族に行った。

風が冷たく、オリオン座の美しい綺麗な夜だった。
ヨガの後、ずっと通ってた道を通る。
一番初めにホームステイをしていたおうち。
その道を辿りながら、スピッツ聞いて、そしたら涙がこぼれた。



期末試験の後のこの1週間ちょっと。
日本からのお客さんとめいいっぱい台湾を満喫したり、
こっちで出会った友達に会ったり、
あいさつをしたり、感動したり、そしてまたここでも涙したり。







































愛する人がたくさんいる。
笑顔と涙が止まらない。
ありがとうがどこまでもつづく。

Thank you everyone.
I love you all.




Taiwanese days comments(5) -
ひできとパパ
2007.1.16-19



歡迎你們來!!!


Taiwanese days comments(0) -
hug, we are friends
今日の夜、友達との別れ際、

心響くものがあった。

Felipei、Cerise、Angela、美佐さん、明子さん、そして明子さんの旦那さん

一緒に公館で夕食を食べる。

公館は私が台湾に着いたばかりのころ、6月から8月まで言語の勉強をしていたところ。

國立台灣大學があって、ゆみかの最後にと今日集まってくれたみんなもその仲間。

別れ際の強いhagと耳元で聞こえる言葉たち。

「あなたによい風が吹くように。」

心が揺れる。ありがとうと思う。

みんなに出会えて、こんなに素敵な心からのプレゼントをもらい、

とても幸せだと思う。

そしてまたありがとうと思って、強いhagをする。



先日、私の小学校の時の担任で、今も師とする人に話をしたときのこと。

「こっちで出会った人、お世話になった人、何か私に出来るものはないだろうか。」

そして彼は言った。

「みんながおまえに望むことは、おまえをそこに残すことだろう。」

「そんなん出来るわけないでしょ。」私。

「そうなんだがな。おまえがみんなの心に残ればそれでいいんだよ。
 
 一人でも多くの人に会い、ありがとうと伝えろ。それが一番だよ。」



したいことは尽きない。

伝えたいことは山ほどある。

だけどあと10日になった今、不思議と焦りではなくて、

思い浮かぶたくさんの顔に、それと共に過ごした時間に、場所に、

ゆっくりとした愛情を感じるのは何の力だろう。

「ここに来てよかった。」と

最後の最後に、偽りのない本当の気持ちで言えるようになった。

今の心はね、友と包み込んで、包み込まれたような、

昔あった卒業前のそんな気持ちによく似てる。



「不用客氣(遠慮なんてするな)、we are friends」

と学部の友達は言う。

今週水曜は学部のみんなが送別会を開いてくれる。

私に秘密で、テストにも関わらず、学年超えてみんなで連絡を回してくれているらしい。

何人来るのだろうか。

本当に感謝につきない。




Taiwanese days comments(0) -
a drawing sky


The sky made me calm
and happy.

Everyone can draw any pictures whatever he/she wants
and it can be possible if he/she really hopes and works hard.

What do you draw in your mind?
What do I draw and see in this sky?


I will leave Taiwan and go back to Japan
on January 25th.



Taiwanese days comments(2) -
發呆
上瑜珈課後, 坐在公車裡我發呆

什麼都不想, 只是迷惘而無神的目光看著走過的景色

下雨

我好久不見星星

今天的下雨好像代表我的心

我真在好像迷路的一個小孩

不要哭, 不要哭

我不是只有一個人

我希望不要被一時的孤單感會迷路



Taiwanese days comments(2) -
やっちゃった
この週末はほとんど部屋にいない状態。


2007.1.6

昨日は台北一の服の問屋街へ行きました。名前は「五分埔」。
すばらしいです、ここは。着いたとたんに興奮して止みませんでした。
ちょっと交通に不便なところにあるため来た事なかったけど、今まで来なかったのがもったいない。

もう最近は昔みたいに安い服を買ったりって少なくなったんだけれど、
それでも今回は爆発しました。買い物パワー。
それくらい興奮します、この町は。すごいです。

●それで買ったもの
毛糸のジャケット 1
上の服 2
パーカー 1
ベルト 2
ネックレス 2
イヤリング 2
(チャイナドレス 1)

最後に、最後に…と買ったらなんと生活費の約3分の1弱を使ってしまって。
と言っても日本で言えば、何かちょこっといいものを買った金額くらいですが。
これで全て、値引いて値引いて日本円約1万5千円なり☆
それも品質はよい物を見定めました!!わーい。

いい買い物でした。大満足。
周りきれない迷路のような問屋街、歩き回って見つけた11点。
大興奮の半日。


やはりこれも台湾の生活の醍醐味。
安く、品良く、かわいいものをどれだけ見つけるか。
そして粘りに粘る値引き交渉。


そしてこの日一緒に出かけたEllane。
来てすぐ出会って今ではとっても仲良しの一人v

勢いで買ったチャイナドレスは、素晴らしいスリットなので、自己満足だけに留めておきます。笑



2007.1.7

そして今日は日本人の女友達2人と、朝から日帰り温泉旅行へ。
台北を離れ、電車に揺られ田圃や海辺の田舎町を南東すること1時間半。
着きました、温泉の街「礁溪」。

行く途中とても親切な日本人観光客にであったり、着いたとたん我好朋友來だったり、カギ盗難事件があったりとハプニングもありましたが、女3人のんびりぶらり旅。
テーマは今週末から始まる最後のテストに向けて、その前に一度心と体に休憩を。
温泉に、ミストサウナに、ゆっくり浸かること2時間半。
本当にいい湯でした。幸せ。



さてまた明日から1週間。
大興奮に、ゆっくり休憩。
充電後は、しっかりテストに向けて頑張りますか。

ひできとひろくん台湾到着まであと1週間ちょっと♪




Taiwanese days comments(4) -
ありがとう
私が心を開けるようになったこと。
今のようにこうやって自分のことを話せるようになったこと。
昔はあまりうまく自分を表せなかった。最後の最後までね。

寂しい時、誰かにいてほしい時こそ「優未香はいっつも強いし、なんでも乗り越えていけるから、辛いこととかないよな。ひとりで大丈夫だよ。」そんなことをよく言われてた。
本当は違うのになって思いながら、それを聞く度また心は相手から少し遠ざかってしまい、だけど笑って私を造って、そんなことをしていた気がする。



2007.1.5
今日は中国語の試験だった。これが最後の中国語の試験になる。
最後はきちんと今までやったきたことを残したい。
朝は7時には起きて、自習室でもう一度準備をした。
振り返れば、何もわからなかった台灣大學から今の政治大學へ。やはり自分ではなかなか感じ取れないけれど、まるで聴き取れなかったことから始まると、今いる自分がこの期間が無駄じゃなかったことを教えてくれる。
テストの後は無料の発音改善クラスに行って、今日の授業は終わり。

夜は前の大学の友達と帰る最後の夕食にと、贅沢なタイ料理のお店に連れて行ってもらった。
タイカレーから、串焼きのエビやお肉から、とろとろ肉と野菜の鍋、フルーツサラダ、エビはさみパイ、ケーキなどなど、すごく豪勢に頂いた。
そしてそこには男女問わずいろんな国籍と、私より年上で、いろんな背景を持った人が集まる。そして毎回新しい人もいる。
私の知らない話や、年上からの目線、また話しながら見つける各国の考えの違いとか、やはり普段なかなか見つけることが出来ないものがあって、いつもとてもおもしろい時間になる。
年はずっと離れていても、先輩であり、だけど友達であって。
そして世界各国、また日本人同士での会話であってもここではなぜか中国語なんだ。誰が決めてるわけではないのだけれど。
そんな不思議でアットホームな関係がこのメンバーにはある。

帰りは一人だったし心細かった。
遅かったし、遠くだったので、少し怖かった。
その分心配もかけた。
待ってくれる人がいた。
帰っても連絡できないまま時間が過ぎて、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
やっと連絡できたとき、ごめんと、そうやって待ってくれる人がいることに改めてありがとうと思い、そうしたらまた泣いてしまった。



心を開くこと。
正直とても怖かったんだと思う。
すごく私の苦手なことの一つで、臆病だった。
ひとつ、そしてもうひとつと、強くも弱くもどんな自分も見せていいんだと思えてきたのは本当にこの数年。
それが私にとって、人を信じることにも繋がった。
また人との出会いがそう私を変えたんだと思う。
ありがとう。心からそう思う。




Taiwanese days comments(0) -
瑜珈
我毎個禮拜三盡力繼續努力上瑜珈班。
毎週水曜日、頑張って続けてきたヨガのクラス。

今天就是我第25次參加的, 到離開台灣還有三個月而已的時間裡, 我認為上瑜珈也只有二次。
今日がその25回目となり、台湾を離れるまでの3週間という残りわずかな時間、あとヨガのクラスも2回だけなんだって思った。

當然我知道在台灣的有限的時間很短, 不過才再發現這件事一口氣想起,來從來到台灣以後的這個半年對瑜珈拼命努力而有研究。
もちろん残す台湾の生活があと少しなのはわかってるんだけれど、そう思ったら一気に、台湾に来て半年、自分がヨガに対して一生懸命努力して極めてきたことを思ったよ。

對我來説, 認識瑜珈讓我開始注意我的健康與姿勢還有呼吸,
私からしてみると、ヨガは自分の健康や姿勢、そして呼吸をよくしようと注意を払うことにも繋がったし、

而且在台灣心情不但好, 也特別有難過或者亂的時候, 沒有放棄毎天晩上自己繼續做瑜珈幫我很多。
また台湾で心持ちがいい時に限らず、特に辛いときや不安定なとき、それでも諦めずに毎日自分で積み重ねてきたもので、それが自分を助けたことは多かった。

我媽媽説「拼命努力或繼續的自信, 有可能産生其他的自信與好結果」。
私のお母さんは「あることを頑張って続けることは、ほかの事への自信やよい結果を生むこともできる」と言う。

所以, 瑜珈就是一種我在台灣很重視拼命努力的事
だから、ヨガは私が台湾に来て頑張ろうと思ったことの一つで、

而且我能了解媽媽説的真意思。
またお母さんの言ってた本当の意味がわかったような気もする。

其實, 大概慢慢的先洗澡再做瑜珈後, 我能感到我的很亂的心越來越放輕鬆, 結果能覺得渡過現在的困難吧。
実際ゆっくりお風呂に入った後ヨガをして、私の中で乱れてた心がだんだんリラックスして、結果今ある辛いことを乗り越えようって思えるようになれたことも事実。

説真的, 今天我對找工作很緊張而有一點對聯小事也能感到急躁情緒。
本当のことを言うと、今日は就職活動に対して緊張してしまったり、小さなことに対してもイライラを感じたりしていた。

但是, 今天的瑜珈班還有向心愛的老師們的對話給我加油。
だけど、今日ヨガのクラスに行って大好きな先生たちとの会話がまた頑張る力をくれた。

老師説「這個半年看得出來妳的努力, 做得非常進歩了」。
先生も「この半年、ゆみかの努力はほんと手にとってわかるくらい進歩したよ」とおっしゃってくれた。

我對自己給加油, 如果我擔心覺得著急有些事, 不放棄繼續努力。
私も自分に対して頑張ろうと思えたし、もし不安や焦りがあったとしても、諦めずに続けて努力しようと思った。

老師給我的照片。
先生がくれた写真。


加油, 加油。
がんばれ、がんばれ。


Taiwanese days comments(4) -
めまぐるしく
めまぐるしく日々が回っています。

台湾での残りの日々、あれこれしたい、あの人に会いたい、そんなリストをスケジュール帳の隅に書いているれけど、そこまで行き着かない状態。

楽しい中に、今年最後の踏ん張り時のようです。

相変わらずヨガ行ったり、勉強したり、日本語の先生をしたり、本読んだり、

でも昨日はさすがにエネルギーが切れて授業を休み、1日寝てしまいました。



今日はこれから韓国、台湾、オランダ、日本の学生15人位とでハンボックを着て韓国の伝統舞踊を披露してきます。

この日までみんなで夜な夜な練習してきました。

ここまでみんなをまとめてくれた港ちゃんや、一緒に頑張ったみんなにも感謝し、

夜の発表に今までの成果が出ればいいなと成功を願うばかりです。



その合間に中国語2、英語1とレポートが今週だけで3つあり、今日2つ目を提出。

残りはあとひとつ、中国語3000字、明日の夜までに終わらせます。

明日の夜は室友と食事、そして明後日から新年まで台南へ。

でもこちらの年明けはいつもと変わりはありません。

旧暦なので何の賑わいもなく、そのまま過ぎていきそうなことが少し寂しくて、またちょっとだけおかしな気持ちさえしてきます。

今年最後にこの1年を振り返って日記を書こうと思っていますが、

そこまで追いつくかどうかまだわかりません。

だけど是非きちんと振り返って言葉にしたいと思っています。



最近日本の家族や彼や友達、そして台湾の友達、

そして日本の町並み、台湾の町並み、そんなものが全て一緒になって夢に出てきます。

おそらく今の私の心の現われなんでしょう。

また就職活動で受けようと思っていた会社のひとつで、先日エントリーが始まりました。

締め切りはもう少し先だけれど、もう一度気を引き締めて頑張ろうと思っています。



こんな時だから、私はよくふと立ち止まり和歌を手に取り、

もう一度、自分の中に七五調の持つ響きを大切にします。

そんなゆっくり、しなやかで、そして強く鮮やかな気持ちで毎日を歩いていきたいものです。



Taiwanese days comments(3) -
少しおめかしをして



2006.12.23

昨日は私の大学の学部主催の「國立政治大學2006外交酒舞會」。
舞踏会って言うのかな。
だから私もその日はいつもより少しおめかしをして、そのダンスパーティに参加。
生まれて始めての、こんな大きな正式なダンスパーティ。


当日のドレスはこんな感じ。



実は、お母さんが20年位前に友達の結婚式で来ていたドレス。
今でも娘がこうやって着れるなんて、その時は考えてもみなかったでしょうに。
私も嬉しく思います。
シンプルだけど、とても作りのいい綺麗なドレスです。


7:00PM start




学部の友達と。
みんなとっても綺麗ー☆!!



踊りは彼のエスコートで。
ひろくん、ごめんね。笑





partyの様子。

慣れない足つきで、まだまだもたもたする時もあったけど、でも踊っててとても気持ちよくて楽しかったよ。
いつか時間ができたら、社交ダンスも習いなとか思っちゃった。


残りは期末テストでこれからみんな忙しくなっていくから、パーティではこっちで知り合ったたくさんの友達と一緒にごはんを食べたり、お話したり、写真をとったり、ハグしたり…。

こんな感じで夜は更け、たくさんの笑顔や拍手、そして笑い声と一緒にまた一つ素敵な思い出が増えて。


外交系の友達もみんな明るくて、優しい人ばかり。
とても積極的で、パワーもあって、みんなといるとすごく楽しいことがたくさん。
笑顔が絶えなくて、みんなに会えてよかったと思いました。
大好きな友達です。出会えたことを幸せだと感じます。



最後は学校のクリスマスツリーから。


Merry Christmas.




Taiwanese days comments(4) -
| 1/5 | >>